あごひげが血便をした。
前にもあって、獣医さんにかかると
「長毛によくある症状で、あまり気にしなくていい」といわれていたのだが、ちょっと続いたので病院へ。
なぜこんな目に?!と怯えるあごひげ。

診断結果は肛門の少し内側で腸壁が傷ついてるようだとの事。

あごひげの体重は3.75kg
来た時より0.25増えました。
もうちょっと太らせてもいいですよと先生から。

止血剤と食欲を良くする薬を出してもらいました。

一週間様子を見て再通院。




















便の状態!良くなっていました!
持参したうんこを顕微鏡で見て菌を確認。まだちょっと菌がいるので注射。
今年未接種だったワクチンも接種して来週まで様子見。
帰宅してストレス解消にドライフードをパクつくあごひげ。




















ひどい目にあった…

物言わぬあごひげのことは、ご飯の食べ方やうんこの状態、息の臭さや目の状態、水を飲まないとか多く飲みすぎるなどから判断するしかないのです。
普段から状態を把握していることが何より大事。

FIPを持っているあごひげにとってはストレスを与えないことが何より大事。

でもどの猫でも同じ。

いつまでも元気でいてほしい。
だからこそ病院代をケチったりはできないの。

前回9,000円。
今回16,000円。
俺の財布が痛いくらいで、あごひげが良くなるならこんなに簡単なことはない。